スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル分析とは

 

 テクニカル分析とは、各国それぞれの通貨の過去のレートをチャート化して、それを検証して値動きの法則を探し、将来の値動きの予想をたてる為に用いられます。
 
 ファンダメンタルとテクニカル分析には関連性があります。為替レートは市場の動きをすべて織り込んでいます。価格が上がれば、強気のファンダメンタルを示し、価格が下がれば弱気のファンダメンタルを示します。つまりテクニカル分析をすれば、市場の状況が把握できます。だからと言って、テクニカル分析だけしてファンダメンタル分析はしなくてもよい、と言う事ではありません。
 
 為替レートの値動きを眺めてもらえば解ると思うのですが、常に上下に動いている事が見てわかります。小さな上下運動のトレンドから、大きな上下運動のトレンドへと発展しています。常に上昇している通貨でも上下運動の上昇トレンドを形成しています。このトレンドを見極める事もテクニカル分析になります。このトレンド分析するチャートには、ローソク足や移動平均線が有名です。
 
 このトレンド分析とオシレーター分析があります。オシレーターは、相場の過熱感(買われすぎ、売られすぎ)を表します。買われすぎたり、売られすぎたりすると、元に戻ろうとする働きを利用した分析になります。主に、ストキャスティクス、RSI、MACDなどがあります。
 
 このテクニカル分析ツールは、どのFX会社の取引画面にも大体用意されていますので、過去の価格推移と色々なチャートを重ね合わせて眺めてみてください、何かの法則性が見えてくるかもしれません。
 
 くれぐれもテクニカル分析だけで売買の判断をしないで下さい。ファンダメンタル分析で相場の大きな流れをよんで、テクニカル分析で売買のタイミングを判断するのが賢明です。

comment

Secret

広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集・テキスト
日商簿記1級の問題集・テキストを掲載しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。