スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISM非製造業景気指数とは

 

 ISM非製造業景気指数とは、米国のISM(供給管理協会)が発表している、米国の非製造業(サービス業)の景況感を示す指数のことです。

 ISM非製造業景気指数の作成にあたっては約370社の購買・供給管理の責任者にアンケートして集計しています。

 アンケート内容は生産・新規受注・入荷遅延比率・在庫・雇用などの項目に対して、1ヶ月前との比較で「良くなっている」、「同じ」、「悪くなっている」の3拓から選ぶ形式になっています。

 ISM非製造業景気指数は、パーセンテージで表され、50%を分岐点として、50%を上回れば景気拡大、50%を下回れば景気後退と判断されます。

 ISM非製造業景気指数は、毎月第3営業日に、米国のISM(供給管理協会)が発表します。

 ISM(供給管理協会)が発表する重要経済指標で、ISM製造業景気指数があります。

 どちらも、企業の景況感を示す経済指標で景気転換の先行指標となりますが、2つの経済指標の違いは、製造業を指数の対象としているか、非製造業を指数の対象としているかです。

 ISM製造業景気指数が毎月第一営業日、ISM非製造業景気指数が毎月第三営業日という順番で発表されるため、どうしてもISM製造業景気指数の方が注目されます。

 ISM非製造業景気指数のような重要な経済指標は、アナリストが事前に予想を発表します。その予想よりも、結果が下なのか上なのか、もしくは予想通りなのかが焦点になります。

 たとえ結果が良くても、アナリストの事前予想と同じならば、好材料出尽くしと判断されドルが売られる事もあれば、事前予想よりも下なら、予想より悪いと判断されドルが売られる事もあります。

 反対に結果が悪くても、アナリストの事前予想と同じならば、悪材料出尽くしと判断されドルが買われる事もあれば、事前予想よりも上なら、予想より良いと判断されドルが買われる事もあります。

 以上の事から、ISM非製造業景気指数は事前予想と結果との差にも注目しなければいけません。

comment

Secret

広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

おすすめ本
読んだ本の中からおすすめ本を紹介していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集・テキスト
日商簿記1級の問題集・テキストを掲載しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

サイト内検索
目次
サイト内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。